説明

サービスの依頼|気軽に相談して相続サポートを受ける

登記変更する

パソコン

土地や不動産の相続が必要になった場合、登記変更をしなくてはならないでしょう。様々な書類を揃えなくてはならないので、一つ一つ確実に準備します。それから相続登記申請書などの記入に移るのが一般的です。

農家の場合

男性

譲渡売買を考えているのであれば、県知事の許可が必要となります。または農業委員会でも良いでしょう。使途目的に応じて評価額の計算方法が異なるので、土地区分を理解しておきましょう。

価格の計算

弁護士

農地を評価する場合、固定資産税評価額にかけて算出するのが一般的です。市町村役場の固定資産課で固定資産税評価額が把握出来るので、わからない場合は聞きに行くとよいでしょう。

話し合おう

スーツ

土地や不動産に限った話ではないのですが、遺産を相続するにあたっては相続人全員で話し合いをする必要があります。その話し合いを遺産分割協議と呼び、それを行うことによってこれは誰が、あれは誰が相続するのかとういう部分を確定します。遺産分割協議事態は、相続人全員が面と向かって話し合いをしないといけないというものではありません。ですから、葬儀や法要の場で全員が揃ったからといって慌てて話し合いを設ける必要はなく、話し合い自体は文章や電話等によってでも可能です。一例としては、相続人の内一人が作った遺産分割協議の案を転送して回していき、他の相続人が了解していくという形でも成立するのです。遺産分割協議がまとまったら、その遺産分割協議の内容を記した書面を作成します。その書面を遺産分割協議書と呼び、これには相続人全員で話し合ったという文言が必要となります。また、不動産に関する事項は登記事項証明書を書き写す必要があり、ここで間違いを起こしてしまうと書面の効力がなくなってまた作りなおしになります。作りなおしによって相続人間の感情がこじれることも無きにしもあらずですし、二度手間になりますから滞り無くきちんと完成させたいところです。ここが終わらないと相続に関する手続きが一切進みませんから、確実に終わらせましょう。故人の事を考えてなかなか前に進めない人も少なくないです。しかし、いつまでも問題を放置しておくわけにはいきません。